スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

うちの猫はお使い猫

 2008-06-29
243 名前:なごん[sage] 投稿日:2008/06/29(日) 00:37:11 ID:7rZdKvn90
ねこ話につき注意


うちの猫はお使い猫で、家族全員の名前と、自分に利害のある単語はほとんど理解してる。
「(家族の誰かの名前)呼んできて」→家の敷地内にさえいれば探し出し、ついて来いと鳴いて振り返りながら誘導する
一階で騒いで邪魔がられてる→「○○、私2階に行くよ?一緒に行こうよ」→ついてくる
携帯充電中→「電話鳴ったら教えて」(意味ないんだけど毎回頼む)→風呂場でもトイレでも特攻してにゃあにゃあ
イヤホンで音楽聴いてる→「ピンポン(インターホン)鳴ったら教えて」→膝に乗っかってきてにゃあにゃあ

風邪を引いて寝こんだ日、夜遅くようやくちょっと小腹がすいて一階に降りたら、母親が
「大丈夫?お粥一応作っておいたから食べてごらん」
「うん、ありがとう…おなかすいた」
「あのね聞いてよ。○○にね、夕ごはんの時、お姉ちゃん呼んできてって言ったの」
「…来なかったよ?…と思うよ?」
「うんそうなの。いつもはすぐ階段あがるのに、お母さんをじーっと見るの」
「ええ?」
「もう一度言ったら、ゆーっくり階段の下に行って、またお母さんをじーっと見るの。
それから戻ってきて、お母さんを睨んでから庭に出てっちゃったの。風邪で寝てるんだよ、起きろって言ったって無駄だよ
わかってるだろ!ってお母さん怒られちゃった」

そんな○○ちゃんは13歳。しっぽが二股になるのももうじき。




あなたの心がなごむとき~第46章
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1213517872/
スポンサーサイト

家族以外には懐いてない猫

 2008-06-24
142 名前:なご[] 投稿日:2008/06/23(月) 05:21:14 ID:lW+/WT/50
猫の話ですが。

小学生の頃、通学路(農道)の横に猫(キジトラ)を飼ってる家があった。
そこの猫は家族以外には懐いてないらしく、姿は見えてもモフるどころか目が合った
瞬間脱兎の如く逃げられてた。
そんなある日、学校帰りにその家の前を通った時のこと。
農道沿いに流れる水路(幅2m、高さ1mちょい、深さはそんなにない)にかかる
橋の上に、キジトラが座って水路を覗いて鳴いていた。なんか様子がおかしい。
なんぞ、と思って自分も覗いてみると、水路の中州の岩の上に子猫(これまたキジトラ)がいて、
ぴーぴー上見て鳴いていた。どうやらキジトラの子供らしく、遊んでいて落っこちてしまったらしい。
ドジっ子めと思いつつ、見てしまったからには助けねばと、水路に入って子猫を引き上げてやった。

次の日、その家の前を通ると生垣の中から「にゃーん」と声をかけられた。
いつもなら姿も見せないキジトラが、親子でぴょいと飛び出してきてゴロゴロすりすりされた。
キジトラ母が死んで、ちびトラが大人になって、更に子供が生まれても、
会うたびいつもゴロゴロしてくれる。

猫は三日で恩を忘れるなんてうそだなぁと思っている。




あなたの心がなごむとき~第46章
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1213517872/

本当に好きだった人の所

 2008-05-24
875 名前:ななしのいるせいかつ[sage] 投稿日:2008/05/24(土) 01:47:23
ここに書いて良いか悩んだだけどカキコ

12歳の頃、父子家庭で親父も仕事が忙しくほとんど1人の俺
そんな時ノラで見かけた白い子猫、俺は思わず連れ帰って家猫にした
本当は飼っちゃいけないアパートだったけど親父も許してくれた
学校も休みがちだった俺はほとんど猫と一緒に生活していた

月日は流れて18になった時、親父が再婚して引っ越す事になった
引越し先も俺も猫を引き取る事が出来ず知り合いに引き取ってもらう事になった
家からもそんなに離れていないので合う事は出来たがそれでも離れ離れ

ある日、真っ白なお花畑で家猫と遊ぶ夢を見る
最後に満面の笑みで「にゃー」と鳴いた所で目が覚めた
俺は何故か解らないけど大声を出して泣いた、20前の男が寝起きに大声で
家猫が車に轢かれたと連絡が入ったのはその日のお昼だった

それから数日して知り合いの子にその事を話したら
「猫はこの世から離れる時に、本当に好きだった人の所に挨拶してから行くんだって」と聞いて
その子の前でまた大声で泣いた

だからここの住人には本当に猫を愛して欲しい
あなたが愛した分、猫もあなたを愛してくれます


しばらく猫が飼えなかったのですが今では2児の父です
http://nukoup.nukos.net/img/16405.jpg




ね こ の い る せ い か つ 48日目にゃ~
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/lifesaloon/1206951950/

大学に住み込む猫さま

 2008-05-18
396 名前:なごみ?[sage] 投稿日:2008/05/18(日) 00:13:47 ID:207r2Zxu0
>>395 懐かしいなw

そんな流れを断ち切り、マイなごみ。大学で、次の授業に向かうべくプラプラ歩いていたら、小さく自分を呼ぶ声が。
振り向いてみたらば、ベンチで仰向けになって寝転がっている、ゼミの同級生。(やたらガタイがよろしい。)
そして、よく見たら、彼の腹の上で幸せそうに寝息を立てる、大学に住み込む猫さま。

曰く、「猫で動けないので、代返をお願い。猫が退いたら、きっと授業に行きます。」
とりあえず、猫が可愛かったので了承した。

授業終了後、同級生の所に行ってみると、違う友人にカバンを持ってもらい、

        @←猫。
  ((((┌(_ω_┌ )┐

と言った調子で移動しようとする同級生を発見し、何故だか大変なごんだ。
ちなみに、猫は二メートルほど進んだところで目覚めて、同級生を踏みつけにしながら悠々と何処かへ去っていった。




あなたの心がなごむとき~第45章
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1208823958/

これは良いまくら

 2008-04-21
942 名前:なご[sage] 投稿日:2008/04/20(日) 07:06:26 ID:zAqDUT4C0
これは良いまくら
ttp://www.geocities.com/musichpiano/0902makura.jpg
8





あなたの心がなごむとき~第44章
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1204809132/

実家のぬこはガチムチマッチョ

 2008-04-12
770 名前:なご[] 投稿日:2008/04/12(土) 14:47:26 ID:AZhaN6fH0
ぬこ話


実家のぬこはガチムチマッチョ。
前足が先端だけ白くて配色も形もドラ衛門の手みたい。
そんなぬこは元野良なので食への執着が半端ない。
ごはんをあげた後も盗み食い、カリカリケースを開ける、等とにかく食う。
最近明らかに筋肉じゃない肉が腹についてきたのでダイエットを始めた。
でも控えめなダイエットフードでは物足りないらしい。
もっとくれとねだる。カリカリケースを開ける。人間の食事を狙う。
太ったぬこはかわいい。だが健康を考えるともう少しやせたほうがいい。
だから食後盗み食いをしないように、いっぱいナデナデして遊ぶことにした。
そしたら最近はごはんの後にナデナデをねだるようになってきた。
ごはん食ったぬこ、ラグの上にごろん。
私手を伸ばす。
ドラ衛門のような手が私の手を掴む。
そのまま「ナデナデシテー」と頭に私の手を引き寄せるぬこ。
時間を忘れて撫でてる私。ぬこはごろごろ喉を鳴らし目を細めている。
そんな甘えたさんな元野良に和む今日この頃。




あなたの心がなごむとき~第44章
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1204809132/

ぬこに対して淡白な弟

 2008-04-08
664 名前:なごみ[sage] 投稿日:2008/04/07(月) 17:38:06 ID:DFJ4bjfG0
>>662筆ペンかな?ばーちゃんかわいいネ。

MYなごみ。
うちには長毛種のぬこがいるんだが、弟はあまり興味がないらしい。
弟以外の家族はみんなぬこにメロメロで、食事中に鳴こうものならどうしたどうしたと大騒ぎになるが、
その中で弟だけが馬鹿じゃねえのという顔で食事を続ける。
ぬこにごはんをやってくれ、と頼むと「何で俺が」と面倒臭そうにしながらもやってくれるし、
ぬこのトイレを掃除してくれ、と頼むと「何で俺が」と面倒くさそうに(ry
ぬこと遊んでやってくれ、と頼むと(ry
ので、興味はないけれど憎からずは思ってるんだな、と解釈していた。

でもある日、弟の部屋のドアが少し開いていて、ぬこのしっぽがパタパタする音がした。
弟の部屋にぬこが入り込んだのか?と思い、そっとのぞきこむと
…弟がぬこにもっふもふにされていた。

お、弟!なんで!いつもはあんなにぬこに対して淡白なのに、どうしてそんなにぬっこぬこにされているんだ!
仲間に入れろと叫びたいのを堪えながらじっと黙って見ていると、しばらくして弟が視線に気付いてしまった。
弟は耳まで真っ赤になって、ぼそっと「覗き見してんじゃねえよ」と言った。
「(弟)だけずるいなー」と言うと、「入れよ」といつもは入れてくれない部屋に入れてくれた。

あれから、弟がぬこに対して淡白な態度を取ると思わず吹いてしまうようになった。(吹くと睨まれるが)
いつもぶっきらぼうな態度の弟のぬっこぬこにされる姿は、人生最大のなごみだったと思う。



あなたの心がなごむとき~第44章
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1204809132/

赤がお気に入り

 2008-04-07
48 名前:ななしのいるせいかつ[sage] 投稿日:2008/04/05(土) 17:11:54
うちのは子猫の頃使ってた、赤いプラカゴがお気に入りだった。

けっこうちっちゃいカゴだったので、一年も経つと み っ ち り と猫で詰まって
いたのだが。それでも使っていた。
五年使ってボロボロになって、ある日、ぬこ就寝中に崩壊した。

赤いプラカバーをつけたノミとり首輪に鈴をつけてもらうのも、好きだった。
色は何でも良いんじゃないかと思うが、奴にはなぜか赤と決まっていた。
首輪の鈴が無くなると、あっちこっちの隙間を探していた。
新しい鈴を貰うと(ノミとり首輪のおまけなので)、喜んでんのかなんなのか、
チャンリンチャンリンと皿にぶっつけて音を立てながら、カリカリを食っていた。
普段はあそこまで派手な音は立てなかったのだがなあ。

今も、ぬこの遺した鈴が何個も、実家に転がってる。




ね こ の い る せ い か つ 48日目にゃ~
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/lifesaloon/1206951950/
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。