スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

某研究学園都市での話

 2008-04-01
752 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/03/31(月) 21:15:33 ID:3HVRjlte
某研究学園都市での話
国立の研究所が林立しているせいか、いろんな国の研究者とその家族が暮らしている。
だから、変な風に外国人を見かける。

1.路上にて
ジャージにヘルメットという、田舎スタイルでだべりながらチャリ通する男子中学生集団。
その中に、なぜか金髪碧眼の男の子が…
ビックリして凝視してたら目が合ってしまった。ごめん。

2.コンビニにて
10月も下旬、かなり肌寒くなってきた頃の夕方。
コンビニに入ったら、必死に漫画を立ち読みする小学生(推定5年生)が…
すっごい鼻を啜ってるんだけど、そりゃそうだろうと思った。
だって、夏の体操服(半袖半ズボン)姿。
しかも、なんかあったかそうな国の子(インドとか中東系)っぽいし。
国に帰ったとき、コンビニとか漫画とか恋しくなったりするのかな、なんて思った。

3.ツタヤにて
「劇場版 呪怨」の前で固まる幼児(推定5歳)。隣にいる母親がサリーを着ているから、インド人だと思う。
両親は隣でディズニーアニメを物色中。
きっと子供のためなんだろうけど、当の子供は呪怨に夢中。
とにかく、凝視ったら凝視。動きもしない。
やっと動いたと思ったら、母親に「これ借りたい」(身振りから推定)とおねだり。
当然、母親は「そんなのダメ!」(表情から推定)と速攻却下。
その後、母親に手を引かれて行ってしまったけど、何度も何度も呪怨を振り返っていた。
いつか見れたらいいね、呪怨。インドにあるかわからないけど。




日本びいきの外人を見るとなんか和むpart84
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1206038247/
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dasokuu.blog71.fc2.com/tb.php/105-e423deab
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。