スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ウチの爺様

 2008-04-22
979 名前:なごみ?[sage] 投稿日:2008/04/22(火) 03:53:31 ID:OtvHWXGl0
>>965
教えてくれてとん。


そして、自分も少しなごむ?話を。

ウチの爺様、隻腕の上に、もうすでに齢八十を越えるんだけど、足腰もシャッキリした、古い日本男児。下着もフンドシ。
それで家には、爺様が戦時中、特別に戦場に持ってゆくことの許された無銘の日本刀がある。(実戦でも使用したらしい。眉唾だけど。)
まあ、それを踏まえて。

現在、自分は大学で留学生の世話を見てたりするんだが、うちが古い造りなので、古い家に興味のあるドイツ人二人が見学に来た。
で。当然、既に退職してる爺ちゃんと鉢合わせた。ハイカラにもニンテンドーwiiをプレイ中の。

それで古い話とかも聞けたら聞かせてくれと言ったら、爺様、まず切り出しが、「おめえら、ドイツ人か?」二人が肯定すると、嬉しそうに、
「ほうかほうか。だったら、お前ら、ホンモノは持ったこと無いだろ。良いもの持たせてやる。気をつけろよ。」と言って、
床の間から上記の日本刀をホイと、玩具のような扱いで手渡した。その時点でドイツ×2大興奮。

危ないから砥ぎ師さんに、ナマクラにはしてもらってあるものの、それでもホンモノの凄み。
ずらりと爺様が抜くと、二人の顔はもう真剣。しばらく色々話した後には、何とも言えない凄く良い顔で帰宅してった。

で。その事について爺様にお礼を言ったら、「昔、ドイツとは弁当の交換したんだよ。俺が握り飯で、あっちがサンドイッチ。ありゃあ不味かった。」
不味かったのかよ。と突っ込もうとすると、「でもまあ、互いの飯について話し合ったのは楽しかった。今日のはあのハナタカへの恩返しよ。」
と。若干恥ずかしそうにして、またゲームに戻ってしまった。

その次の日の朝、こっそりと自分の部屋の前で、]ω・`)「言い忘れてた。あの坊主たちに、爺さんにヨロシク。って伝えて。」
と、こっそり言う爺様になごんだ今日この頃。なごんだの自分だけかも。ごめん。



あなたの心がなごむとき~第44章
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1204809132/
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dasokuu.blog71.fc2.com/tb.php/165-4e6bba3a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。