スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ありやと

 2008-06-20
13 名前:なごみ ◆ET3I4XNL3c [sage] 投稿日:2008/06/16(月) 22:26:39 ID:NLajphPbO
ここ見て、思い出した話。

バスの2人がけの席に1人で座ってた時、2~3歳のマルコメ頭の大人しい男の子と、快活そうなママが乗って来た。

空席がなく、ママは私の隣に男の子を座らせ自分は立ってたんで、ママに席を譲ったんだが、遠慮するから『(男の子も)ママが隣の方が安心しますから…座ってあげてください!』って聞かれても無いこと口走って座ってもらった。

実は、自分が小さい頃、そういう風に母が立って私だけ座らせられた時『母は立ってるのに自分だけ座ってる…いいのかな…母ごめん…ソワソワ…』と気になって仕方なかったのを思い出したら、なんか落ち着かなくてっつーのがあって。

でも変な人確定なので、親子に背を向けて立ってたら、背中をツンツンされるんだよ。
振り向くと、男の子が無言でチュッパチャップス差し出してるのね。
人見知りなのか|´・ω・)こんな顔。でもママ超笑顔。
『大人に譲ってくれる人はあまりいないけど、助かるんです。ありがとう!』って凄いニコニコしながら。

悪いなと思いつつ頂き、それで終わったんだがひさ、その後、親子と偶然駅ですれ違ったんだよ。
私は先に気付いて気恥ずかしくて下向いたんだけど、遠くから『あ、ほら!!○○くん、さっきのお姉ちゃんだよ!!お姉ちゃーんって!』って、人かなりいるのに、ママがぶんぶん手ふってくんの。
男の子も、ママの影から、小さく手振ってきて、私も照れながら振りかえした。
で、チョコ持ってたの思い出して、すれ違う時『君の飴もらっちゃったから、ママと食べてね』って男の子に渡したら、男の子びっくりした後、チョコ見つめてはにかんで、すげぇ可愛いの。小さい声で、ありやとって。

数年前だけど、いまだに和むよ。




あなたの心がなごむとき~第46章
http://anime3.2ch.net/test/read.cgi/doujin/1213517872/
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dasokuu.blog71.fc2.com/tb.php/269-5cd66251
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。