スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

ガチョーン

 2008-08-20
351 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/08/18(月) 22:31:06 ID:FoIpoVZ2
何か出遅れた感が拭えないんだけど…。

大学入った頃に小売店で受付作業のバイトをしてた。人生初バイト・初出勤の日。
研修なんかは予め実施済みではあったものの、初めてカウンターに立ち接客をする…
これだけで心臓が飛び出るくらい緊張していた。
で、初めてのお客さんが目の前に現れた。
どうにか受付作業を行い、受付表に客の名前を記入するため、名前を伺う。
「が」という文字が入るあまり聞かない苗字で、どういう漢字なのか聞いたところ
恐らく「賀正の『が』」と相手は言ったんだろうけれど、緊張しているのに加え
相手が語尾に余韻を残しながら話す(って言うのかな、声発しながら口閉じる話し方する)ので
「ガチョーンの『が』」と聞こえた。
「…はっ?」思わず聞き返してしまった。
相手「だからぁ、ガチョーンの『が』」
私(ガ、ガチョーンって何だよどんな字だよ!)「え。ええっと…ガ、ガチョ…?」
相手「だからガチョーンの『が』って言ってるでしょ」
私、緊張そしてパニックに陥ってる為か全く『賀正』が思いつかず
必死で「この人ガチョウって言いたいんだ!ガチョウのガってどんな字だっけ!?」と、ひたすら考えていた。
ペンを握り締めた私を見て、不安になったのか客
「だからね。が・ちょ・お・ん」」と、ゆっくりバカ丁寧に、そして真顔で言ってくださった。
真顔に、そして若干怒り気味でガチョーンガチョーン目の前で叫ばれてしまい
咳払いしたフリして吹いちまった。
もう限界だった。許してくれと叫びたかった。

緊張と恥ずかしいのと何より笑いを堪えてるのとで、顔真っ赤にして俯いて震えてる私を見かねて
パートのおばちゃんが正しく「賀○」と、そのお客さんの苗字を書いてくれた。
きっと客もおばちゃんも、私が泣いてるんだと思ってたと思う。
バイトは1週間で辞めちゃったけどね…。




笑いを堪えられない27 ;`;:゙;`(;゚;ж;゚; )ブッ
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1216562873/
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dasokuu.blog71.fc2.com/tb.php/300-6cb41b80
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。