スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

先日、母方のじいちゃんが死んだ。

 2008-09-25
371 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/24(水) 22:44:18 ID:ElLqm0tg
長いけど失礼。
父好きの皆さんにお話したいことがあった。

先日、母方のじいちゃんが死んだ。
じいちゃんは地方の人なので、
父も母も私も長い有給をとって、じいちゃんの家に暫く滞在することになった。

父とじいちゃんはすごく仲良しだった。
だけど元々は、父と母は駆け落ちして結婚した間柄だった。
父は、母が箱入りであることを重々承知だったからこそ、
6年付き合った上でじいちゃんのところへ挨拶に行ったらしい。
なのにすげなくされて、そのまま母を連れて帰っちゃって、黙って結婚し、私を作ったらしい。
じいちゃんは敢えて追ってこなかったし、何も言わなかったんだって、昨晩母から聞きました。
じいちゃんにしてみれば、
大切な一人娘を都会の男に連れ去られるのが、耐えられなかったんだろう、と思う。

じいちゃんの葬儀が終わった昨日、
珍しく泥酔して倒れた母に毛布をかけて、
父はじいちゃんの部屋に閉じこもったきり、戻ってこなくなった。

私がふとトイレに行こうと廊下に出たときに、
じいちゃんの部屋から父の声が聞こえてきた。
372 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/09/24(水) 22:44:58 ID:ElLqm0tg

「○○(母)さんのこと、すみませんでした。…ありがとうございました」
「これからも絶対に大切にします」
「今、△△(私)を誰かに持って行かれたら、つらい。いまさら、あなたを尊敬しています」
「あんたは死ぬまでおしゃれでしたねえ。ぼくもそうあります」
「○○(母)さんを大切にします。ごめんなさい」

ボソボソ喋っててほとんど聞こえなかったけど、
そんなことをずっと一人でつぶやいてた。

父よ、父。私は誰にも持ってかれないよ。ずっと心は側にいるよ。
そう伝えたくても声をかけることができずに、トイレで泣きました。
でも、じいちゃんの家に滞在しているうちに、父にはそう伝えられたらいいな。

出来すぎた話だけど、来月、彼氏が挨拶に来る予定だからさ。




うっかり萌えた父親のエピソード 8
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1211329523/
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dasokuu.blog71.fc2.com/tb.php/317-177c16eb
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。