スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)

若い黒人男性

 2008-03-23
110 名前:こむぎやき[sage] 投稿日:2008/03/23(日) 02:47:22 ID:Azzwdl8E
5年程まえになるかな、実家の母に妹二人とそれぞれの子供連れて境港に遊びに行った帰りのこと。
米子駅で汽車をまっていると私らのいるホームに若い黒人男性が一人やって来るのが見えた。
それを目ざとく見つけた子ども達、「なに人かなぁ?」と興味津々。
「なぁお母さん、なに人だと思う?」
…そげなこと母ちゃんに訊かれたってわかるかいな。
「お国はどちらですか?って訊いてみたらw」
まあ話しかける度胸はあるまいとモジモジ後込みしている子ども達を母に頼み私はトイレへ。
…トイレから出ると甥っ子達がおばちゃん大変だよ!と私を呼びに来ていた。

何事だな?急いで戻ると子ども達(当時小三、小一、年中)が件の黒人さんを取り囲み口々に
「お国はどちらですか?」とやっているではないか、アチャー。
つづく
112 名前:こむぎやき[sage] 投稿日:2008/03/23(日) 02:50:35 ID:Azzwdl8E
話しかけられた黒人さん、日本語はまったくわからないようで突然の事に気の毒な位うろたえている。
言葉が通じず、子供達も黒人さんも一様にすがるような目つきで私の顔を見ている。
困った。救いを求め教員やっていて私なんぞよりははるかに英語ができるはずの妹達を見やる。
妹達は背を向け、更にその背中を小刻みに震わせながら…他人のふりをしていた。

片言に思い出せる限りの英単語並べ身振り手振りで何とか国を訊くことが出来た。
国名は忘れてしまったが、アフリカの人だった。
おまいら質問に答えてもらったんだからと子供達にお礼言わせ、そうこうしている内にホームに汽車が入ってきた。

乗り込み荷物を置きヤレヤレと一息ついて時計を見ると発車までまだまだ時間がある。

つづく

113 名前:こむぎやき[sage] 投稿日:2008/03/23(日) 02:54:00 ID:Azzwdl8E
なんぞ飲み物でも買ってくるわと再度ホームに降りると、さっきの黒人さんが乗車口の辺りをウロウロしていた。
何やら迷っている様子。降りてきた私を見ると向こうから話しかけてきた。
どうやらこの汽車が目的の駅に停まるかどうか知りたかったようだ。

満面の笑顔を浮かべ「大丈夫、停まりますよ」と言うものの日本語が伝わらない。orz
四苦八苦の末…、それでもちゃんとその汽車に乗り込みなったから何とか伝わったようではある。
同じ車両の少し離れたシートに座ったのが確認出来た。

黒人さんの目的の駅に近づき、少しお節介が過ぎるかなと思いつつ「次ですよ」と教えて上げてと子供に言いに行かせた。

駅に到着し、「元気でね」、「縁があったらまた会いましょう」など言いながら手を振る子供達に見送られ、
黒人さんは照れたようなちょと恥ずかしそうな笑顔を浮かべ降りていった。

黒人さん、最後の最後までさわがせてゴメンネ…。

おわり




日本びいきの外人を見るとなんか和むpart84
http://life9.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1206038247/
スポンサーサイト
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://dasokuu.blog71.fc2.com/tb.php/71-2ee54f74
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。